ホーム > スタッフブログ > 田んぼの破壊神

田んぼの破壊神

ここから本文です。

2018.05.10

 こんにちは★プロの先輩のもとで日々修行に励んでおります、業務部の山上です。

 

 ゴールデンウィークも過ぎ去り、徐々に暑さも増してきましたね。

 5月、ヤマトシロアリの羽アリ大発生シーズンまっただ中!

 弊社スタッフは日々、東奔西走なんのその!害虫駆除で近畿を駆け巡っております。

 

 さて、そろそろ田んぼに水を張る時期ですね。

 タイムリーな時期なので、田園風景に生きるちょっと迷惑な生き物について紹介します。

 

 通りがかった田んぼをよく見てください。

 水底を見ると大きな巻貝の残骸があったり、イネの上にピンク色の卵がくっついていたりしませんか。

 

 その正体とは、タニシ!!

 

 ただのタニシではありません。海外からやってきたスクミリンゴガイというジャンボタニシなのです。

FB_IMG_1525851803735  

 私が捕獲したジャンボタニシ!

 超でかいです。もはやタニシではなく、完全にサザエです(笑)

 こう見えて稲を食い荒らす農業害虫(害貝?)であり、田んぼの嫌われ者です。

 

 こいつを捕まえてどうしたのかと言うと……。

FB_IMG_1525851818061

FB_IMG_1525851813941

 食った!

 実はもともと食用として国内に持ち込まれたものなのです。

 

 気になるお味の方は……

 私の調理方法に問題があったのかもしれませんが、お世辞にも美味とは言えませんでした。

 本当においしいのなら、日本人が食べつくしてるはずですね。

 

 田んぼに棲むジャンボタニシのように、産業に害をなす外来生物は少なくありません。

 その多くは身近に存在しており、ちょっと視点を広く持つだけで容易に見つけることができます。

 

 なお、ジャンボタニシは体内に寄生虫を持っているため、

 絶対に素手で触ってはいけません。生で食べるのも厳禁です!

 

 繰り返し言うことになり申し訳ありませんが、ジャンボタニシはあくまで一応食用の淡水貝です。

 どうか「まずかった」とおっしゃられないようお願いします。あしからず。

«  | 一覧 |  »

シロアリ・害虫・害獣の駆除、調査のご依頼は今すぐご連絡ください

サイトからのご依頼はこちらから

このページの先頭へ

近畿消毒株式会社

本社 / 〒595-0013 大阪府泉大津市宮町9番22号
本社事務所 / 〒595-0024 大阪府泉大津市池浦町4丁目9番20号
TEL:0725-21-7751 FAX:0725-32-7362

和歌山営業所 / 〒649-6246 和歌山県岩出市中島1165-56
TEL:0736-62-1511 FAX:0736-62-1421

知っておきたいシロアリ・害虫

近畿消毒では、シロアリ駆除はもちろん、あらゆる害虫の駆除や家屋に関する施工を幅広く行っております。シロアリ駆除・シロアリ予防・ゴキブリ駆除・ネズミ駆除・ダニ駆除・ハチ駆除・カビ駆除・セアカゴケグモ・キクイムシ・床下改善・耐震補強・地盤調査・防水施工(バルコニー)・家屋に触れない新時代シロアリ施工・その他の害虫駆除など、家屋に関するお悩みは近畿消毒へお気軽にご相談ください。